10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Author:mari
私の日記です!
どうか温かい目で
見守って頂けたら
嬉しいです♪

最新記事

シンプルアーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハラミュージアムアーク♪

2014.11.16 21:30|いろいろ♪
みなさま  こんばんは 


今日は、りんごを買いに 

県北部の みなかみ町 に行ってきました 


車を走らせていると  

目の前に見える 谷川岳(たにがわだけ) と 武尊山(ほたかさん) が

雪で真っ白な姿に変わっていました 

どうやら、夜に雪が降ったみたいです 

空気も突き刺さるような冷たさになってきました…

季節は、本格的に冬に変わりつつありますね~ 



どうかみなさまも温かくして 

風邪など引かれませんように、気をつけてくださいね 



それでは、本題へ 

平日、仕事がお休みの日に ふらっと渋川市にある美術館 

ハラミュージアムアーク ←クリックしてね  に行ってきました 

P1100833_convert_20141111214848.jpg

こちらの美術館は、東京の品川にあります 原美術館 の別館になります 


P1100840_convert_20141111215125.jpg

美術館の入り口に向かおうとすると、

ハート型  の素敵なオブジェが… 

ジャン=ミシェル オトニエルの 「 kokoro 」 (こころ) 

P1100838_convert_20141111214927.jpg

赤い丸いガラスで作られています  

ハート型を見て 一気に気持ちがアップですねー  

美術館に歓迎されているみたいで  とても嬉しい 

ありがとう  私も大好きです 



そして 

まず一番最初に向ったのは カフェダール    

こちら ↓

P1100846_convert_20141111215201.jpg

すぐ目に着くのが、大きなスープ缶のオブジェ 

アンディ ウォーホル の 「 キャンベルのスープ缶 」 です。

P1100847_convert_20141111215246.jpg

高さは、3メートル以上ありそう 

確か、158センチの身長の私で、缶の半分くらいだったかな…



このスープ缶は、世界で3つしかないもので

原美術館の館長さんが、

直接 アンディ ウォーホル から譲り受けたものらしいです 

( 美術館の方が教えてくれました  )

缶の後ろに、本人のサインがあるので、ぜひ見てください  

と教えて頂きまして 

それがこちら ↓

P1100911_convert_20141111223515.jpg

あっぷ~ ↓

P1100912_convert_20141111223552.jpg

すごい  本当にサインがありました 

とても感動しましたー 



ではでは、

カフェのお話を 


店内は、お昼時ですが まだ誰もいませんでしたよー 

あと、

こちらのカフェダールでも、

東京の原美術館と同じ EMECO(エメコ)のアルミチェアを使用されていました 

テーブルも、もしかして同じなのかなぁ…


白とシルバーを基調とした シンプルで素敵な店内です 



お料理の方はですねー

この時期おすすめの ビーフシチューのセットを頼みました 

P1100871_convert_20141111215322.jpg

マデラ酒で煮込んであるみたいで、

すごい美味しかったです 

味が、とても上品に仕上がってました 



ちなみに…

ずっとお客さんは私だけでしたので、

こんな素敵なカフェが、貸切状態です 

平日って、空いてて素晴らしい 


紅茶を飲みながら、目の前にある 本館を眺めているところ ↓

P1100887_convert_20141111215411.jpg

ハラミュージアムアークは、

1988年に 世界的に有名な建築家の 磯崎新(いそざき あらた)氏

の設計で建てられたそうです。

カフェ側から見た建物 ↓

P1100909_convert_20141111223428.jpg

黒い近代的な建物と、緑との対比が美しいですね 

こちらの建物では、現代アートを中心に展示されています。


特別展示室では、

「 霊力・仙力・想像力 」 をテーマに展示がありまして ↓

P1100929_convert_20141111223834.jpg

狩野探幽 や 円山応挙 など 見応えのあるものがありましたよー 

特に、

円山応挙の「淀川両岸図巻」は、約16メートルの絵巻物なのですが、

会期ごとに、場面を変えて展示しているそうです 

鑑賞者にも、嬉しい工夫ですよねー 

さすが原美術館 


最後に、

この近未来的なオブジェは ↓

P1100922_convert_20141111223632.jpg

オラファー エリアソン の作品です。


ドーム型の装置の中に入って、

季節や時刻によって、移り変わる虹を 見ることが出来るそうです 

太陽光がプリズムレンズによって、

ドーム内部に虹を映し出す構造みたいです 


ただ…

一人じゃなんとなく怖くて、今回は中には入りませんでしたよ~ 


でも、ここから見る景色は絶景 

P1100904_convert_20141111223333.jpg

眼下に赤城山が見えます 

そして、もっとよく見てみると 

来年の干支の羊さんがっ 

P1100923_convert_20141111223739.jpg

実は、

この美術館の隣は、「 伊香保グリーン牧場 」 なのです 

一歩外に出ると メェェ~ と可愛い鳴き声が聞こえてきます 


そんなのどかな感じの美術館なのですが、

近代的な建物と、牧歌的な雰囲気が妙に似合っていて 

とても素敵 


美術館の方から、桜の咲く頃はより一層美しい  と教えて頂いたので、

次は、桜の満開の頃に行きたいと思います  

楽しみですねー 






スポンサーサイト

サファリパーク♪

2014.11.14 21:11|いろいろ♪
みなさま  こんばんは 


私は、今日インフルエンザの予防接種を受けました 

インフルエンザが、だんだん流行ってきていますので 

みなさまも、まだでしたら 受けておいたほうが良いですよ~ 



それでは、今日は ぐんまサファリパークのお話をさせてください 

前記事の こんにゃくパークから車で15分くらいの所にあります 


小規模の遊園地も併設されていて、

到着すると 観覧車が迎えてくれます 

P1100073_convert_20141028203042.jpg


入場ゲートがこちら 

P1100066_convert_20141028203010.jpg

自家用車でも見学できますが、

今回は、サファリバスに乗りました 


バスに乗ると、混雑時でも 動物ふれあいゾーン にすぐ降りることが出来るので 

かなりおすすめです 


それに、

バスの運転手さんから、動物の特徴や習性などのお話が聞けるので

とても勉強になります 


こちらは、アメリカエルク(大型の鹿) と アメリカバイソン が水辺にいるところです。

P1090991_convert_20141028202458.jpg

この2頭の種類は、一緒に共存できるそうです。

アメリカのイエローストーン国立公園でも一緒に生息しているそうです。



アミメキリンさんが横切っているところ 

P1100065_convert_20141028202930.jpg

バスの真横を通っていきましたよー 

やっぱり 間近で見ると迫力がありますねー 



そして、

ふれあいエリアで、一旦バスを降りまして 

実際に 動物さん達とふれあいができます 



かわいいヤギさんにエサをあげているところ 

P1100001_convert_20141028202721.jpg

ここでは、ヤギさん や 鹿さん のエサが100円で売られていて

エサやり体験ができました 

P1090997_convert_20141028202643.jpg

子ヤギさん ほんと可愛い~  

親子で楽しくお食事してました 



カピパラさん もいました 

P1100033_convert_20141028202823.jpg

こちらも お食事中です 

お食事中 お邪魔してごめんね 



そして、

ホワイトタイガーさんも、近くで見ることができます 

こちら ↓

P1100011_convert_20141028202746.jpg

ガラス張りの通路の上で休んでいましたよー 


写真では、わかりにくいと思いますが 

かなり大きいです 

体長は、2メートル近いような気がします 


ホワイトタイガーさんと、ガラス一枚越し…

こ、こわい… 




と まあこんな感じで、ふれあいの方も終わりまして 

またまた バスへ 



ちなみに、

ホワイトタイガーは希少種で、突然変異で白く産まれるらしいです 



そして、バスは最大の見せ場 ライオンゾーンへ 

がお~っ 

P1100057_convert_20141028202900.jpg

ライオンさん達は、木陰でお休みになっていました 

さすが百獣の王  貫禄ある~ 

強そう~ 

ライオンは、やっぱり強くなくちゃ  ですよねー 


そして、

来年こそは、ライオンズ  優勝ですよねー 

( ええっー そういうことーっ  )








こんにゃくパーク!

2014.11.10 22:58|いろいろ♪
みなさま  こんばんは 


気がつけば、季節は晩秋に… 


最近、慌ただしくて 

なかなか ブログ更新が出来なくてすみません  


今日は、10月の下旬に行きました

 「 こんにゃくパーク 」 ←(クリックしてね)のお話をさせてください 



世界遺産に登録された 富岡製糸場 から車で15分くらいの所にあるので、

観光施設として、ぐんまで人気な場所です 


そんな人気な所なら 一度は行ってみなくちゃ  ということで、

今回初めて行ってきました 


ぐんま県の甘楽町(かんらまち)という のどかな小さい町に 

どどーん  と、巨大な建物が出現… 

P1100110_convert_20141028205311.jpg

ヨコオデイリーフーズ という こんにゃく製造会社が建てた

こんにゃくのテーマパークです 

( す、すごいっ  )


ちなみに…

ぐんま県は、こんにゃくの生産量日本一 

全生産量の85%を占めているそうです 



「 こんにゃくパーク 」では、

工場見学 手作りこんにゃく体験 こんにゃく無料バイキング などが楽しめます 
 

観光バスの立ち寄り場所にもなっているので 

お客さんが たくさんいましたよー 



まずは 工場見学に行きました 


えーと  

こんにゃく製品がたくさん作られてましたが… 

 ごめんなさい  写真撮り忘れました  


工場見学の通路にある 上毛カルタ(じょうもう)に心奪われまして 

( 上毛カルタとは、

県内の子供達にぐんまの名物や歴史などを教えるために作られた ローカルカルタです )

そちらにばかり気が向いてしまいました 

こちらは  の札 ↓

P1100095_convert_20141028205424.jpg

下の方に 詳しい解説がのっていて、

へえ~なるほど~  そうだったのね  と いろいろ勉強出来ました。



・・・

マイペースで、ほんとにすみませんっ 



そして、

無料こんにゃくバイキングにも行きました。

おみやげ売り場で売っている商品の試食ということみたいです。

バイキングとうたってあるだけあって、品数はたくさんありましたよー 

一例 ↓ まりちゃんセレクト(笑)

P1100078_convert_20141028205352.jpg

全部こんにゃくです 

こんにゃくラーメン  レバ刺し風こんにゃく こんにゃくのマカロニ などなど

初めて食べるものもあって、楽しかったです 

マヨネーズ+こんにゃく が以外にも美味しかったです 



おみやげ売り場で、

レバ刺し風こんにゃく と 玉こんにゃく を買いまして 

早速 おうちで料理してみました 


レバ刺し風こんにゃくは、レバニラ炒め風にしてみました 

P1100282_convert_20141102194440.jpg

レバ刺し風こんにゃくは、つるんつるんしていて 

食感が、新しい感じですねー 

見た目は、レバーみたいですが 

普通のこんにゃくと同じ味です 




玉こんにゃくは、煮物にしましたよ 

P1100252_convert_20141031220255.jpg

やっぱり こんにゃくは煮物が一番美味しいですよねー 

あとは、おでん  も良いですよねー 


今度、こんにゃくパークに行ったら 

こんにゃく作り体験とかやりたいです  

それで おでんを作ってみたいなぁ 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。